母と同じ更年期障害が起こった話:アンチエイジングサプリメントで克服

アンチエイジングサプリメントは若返り効果がバツグンで痛みも軽減される

アンチエイジングサプリメントは若返り効果がバツグンで痛みも軽減される

アンチエイジングサプリで若返り効果

国立の研究機関が発見したアンチエイジングサプリメントは、若返り力が認められて特許を取得しています。

 

埼玉県さいたま市にあるクリニックには、整形外科に加えてペインクリニックも併設しています。

 

ペインクリニックとは、麻酔科のことです。

 

そんなクリニックには、形成外科の領域に限らず、さまざまな原因によって慢性的な痛みに悩まされている患者さんが多く来院されています。

 

クリニックにはサプリメント外来も併設しています。

 

活用しているサプリメントの中で期待を寄せているのが、アンチエイジングサプリメントです。

 

アンチエイジングサプリメントは、農林水産省の研究機関である国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が所有する約3000種類の乳酸菌の中で、唯一アンチエイジング(抗老化)作用が認められた「老化抑制作用を有する乳酸菌」として特許を取得した成分が含まれているサプリメントです。

 

アンチエイジングサプリメントの若返り作用に期待したクリニックは、患者さん達にもこのサプリメントを試してもらっています。

 

変形性ひざ関節症や腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症などによって比較的重度の痛みを訴えていた24人の患者さんに、六か月間飲んでもらったのです。

 

その結果、「若返った」「痛みが改善した」「楽になった」など、若返り効果だけでなく、腰やひざの痛みの軽減を実感した患者さんが75パーセントにも上りました。

 

アンチエイジングサプリメントを飲んだ患者さんたちに症状の改善が見られたのは、アンチエイジング効果によって、細胞が若返ったからだと言えます。

 

★骨密度の上昇も理由

アンチエイジングサプリで若返り効果
アンチエイジングサプリによって細胞が若返り、光津密度が上昇したことが痛みが軽減した理由だと言われています。

 

私たちの骨は、骨を壊す役割を担う破骨細胞と、骨を新しく作る役割を担う骨芽細胞の連係プレーによってつくられています。

 

現在、多くの医療機関で使われているアンチエイジングサプリメントは、破骨細胞の働きを抑えることで骨密度の低下を防ぐ健康食品です。

 

骨密度を高めるために破骨細胞の働きを抑えることは有効な手段ですが、骨芽細胞との連係プレーは乱れてしまいます。

 

アンチエイジングサプリメントは、加齢によって増加する破骨細胞の数を減らす一方で、骨芽細胞の元となる細胞の数を増やすことが確認されています。

 

これは、骨の増強を助けながら骨の減少を抑える働きがあるのです。

 

★抗炎症作用も発揮する

アンチエイジングサプリで若返り効果
変形性膝関節症や脊柱管狭窄症などの患者さんは慢性的な痛みに悩まされています。

 

痛みは炎症によって増幅するため、軽減させるには炎症を抑えることが欠かせません。

 

アンチエイジングサプリメントには、抗炎症作用によって炎症物質の産生を90パーセント以上も阻害することがわかっています。

 

アンチエイジングサプリメントを飲んだ患者さんには痛みの軽減がみられるのは、抗炎症作用によるものなのです。



ホーム サイトマップ